予定納税

 

税金を多く払われた方は、超過分を次年度のクレジットとしてあてがうか、または還付として請求することが出来ます。逆に支払い不足が発生した場合には、不足分に対して罰則として利子が加算されます。だたし、納付額が以下のいづれかの場合には、罰金は加算されません。

 
 
罰金を回避できる条件

  1. 今年度の納税額の90%以上を納めている場合、または
  2. 昨年度の納税額以上を納めている場合

また上記 (2) について高額所得者は、昨年の納税額の110%以上を納めていなければ支払い不足罰則金の対象になります。

 
 
支払い不足を回避するためには

支払い不足を回避するためには、様式W-4を提出し源泉徴収額を調整するか、あるいは予定納税(様式1040ES)をする事で対応が可能です。

 
 
利子の計算方法

通常税金の納付は、最終納税額を申告時に支払うのではなく、当該年度の税額を均等に4回(4月15日、6月15日、9月15日、翌年の1月15日)に分けて納付する必要があるため、最終的に還付となった場合でも利子が発生することもあります

 
[ 例題 ]

 

 状況

  • 当該年度の予想税額が$100
  • 第1期に$35を納付
  • 第2期に$20を納付
  • 第3期に$10を納付
  • 第4期に$50を納付

 

 計算方法

 – 各4期に最低$25を納めなければならない
 – 第1期に$10の支払い超過(超過分は第2期に繰越)
 – 第2期に$5の支払い超過(超過分は第3期に繰越)
 – 第3期に$10の支払い不足が発生(利子の計算開始)
 – 第4期に$15の支払い超過

 
 結論

最終的に$15の支払い超過になるが、第3期で支払い不足が発生しているため、次回の納付日まで支払い不足$10に対する利子が計算されます。

納付期日 4月15日 6月15日 9月15日 1月15日
最低納付額 $25 $25 $25 $25
納付額 $35 $20 $10 $50
繰越額 $0 $10 $5 ($10)
総納付額 $35 $30 $15 $40
超過(不足) $10 $5 ($10) $15

 

 
 
罰則金の例外
 
例外として以下の2条件の場合には、源泉徴収額に関係なく支払い不足による罰金は発生いたしません。

  1. 支払い不足が$1,000以下の場合、または
  2. 前年度に居住者として申告し、税金を支払う必要が無かった場合

 

現在コメントは受け付けていません。